大友克洋「OTOMO THE COMPLETE WORKS 3: ハイウェイスター」

ハイウェイスター (OTOMO THE COMPLETE WORKS)

  • 「絵のテクニック、構図の取り方、話の見せ方など、次第に色々なことができるようになってきて、新しいステップにいこうとしている時代ですね。(中略)このずっと後に自分の漫画の文法を見つけるのですが、そこが頂上だとするとこの頃は2合目か3合目ってところでしょうかね」とのこと。漫画文法は確かに発展途上な感じもありますが、画力は既に凄まじいレベル。昨今の写真のトレースとは次元が違う。
  • 「だんだん読み物として面白いものを描きたくなっていくんですね。漫画はセリフと絵で物語が紡がれていくということに改めて気が付いたというか」とのことですが、「ハイウェイスター」「宇宙パトロール・シゲマ」「'ROUND ABOUT MIDNIGHT」など、普通に読んで楽しい作品も多い。
  • 「ハイウェイスター」の元ネタの映画「断絶」(1971年)はちょっと観てみたい。ジェームズ・テイラーとデニス・ウィルソンが主演というのも興味をそそる。