「ベイビー・ドライバー」

ベイビー・ドライバー [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

  • BS12で1月15日放送。エドガー・ライト監督。2017年。
  • 菊地成孔激賞の作品。曰く「全部で9回泣いた」、「映画によるブリティッシュ・インヴェイジョン」。
  • カーラ・トーマス「B-A-B-Y」を歌いながら出勤するリリー・ジェームズの鮮烈さ。注文を取りに来て「デボラ」だ「デブラ」だと他愛もない話をするシーンも印象的。制服も可愛い。
  • ジェイミー・フォックスはしっかり怖く、エイザ・ゴンザレスはしっかり下品で、フリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)もナチュラルに犯罪者然としていてビックリする。
  • 初見でよく分からなかったマスクの件。ブギーマン=マイケル・マイヤーズと間違えてオースティン・パワーズマイク・マイヤーズのマスクを買ってしまったということか。JDがミスして殺される予兆にもなっているという。
  • ケヴィン・スペイシーを久々に見た。セクシャル・ハラスメント告発が2017年10月なので、出演作としては最後から2番目(復帰の動きもあるよう)。
  • すぐに殺されてしまう白スーツの武器商人はなんとポール・ウィリアムズ(公開当時77歳)。岡村隆史と同じぐらいの身長。
  • 「息をつく暇もないほど脚本が緻密」「脚本だけでも十分見れるだけの高い脚本力」とのことですが、ポール・ウィリアムズ殺害以降は結構グダグダでそこまで緻密かなという印象。ケヴィン・スペイシーの最後の心境の変化とか裁判の適当さとかかなり雑では(一度足抜けさせておいて呼び戻す流れも説得力不足では)。
  • 「ランダムな時代とジャンルからの流行歌の歌詞が全部物語のセリフと関係してくるんですよ。だから歌が脚本を駆動しているの。そこが本当にすごい」というところがポイントなんでしょう。「音楽愛を感じる映画としては(中略)ここ10年ぐらいの中でぶっちぎりにこれが1位」「音楽に対する気の利き方が半端ない」、「ガイ・リッチーダニー・ボイルも持っているレコードはたぶん1000枚いってないですよ。だけどね、エドガー・ライトは3万枚持っていると思います。たぶん」とのことなので、映画館で大きな音で鑑賞すると印象も違ってくるのかもしれない。
  • ソニーの映画なのに主人公がiPodマニア、でも本当に大事な音源はカセットテープ、というところも泣けるポイントだそうで、オープニングのソニーのロゴにソニー社のウォークマンに対する気概が溢れているらしい。
  • 「マイルズ」という本名は「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」のキャラクター「マイルズ "テイルス" パウアー」という説もあるようですが果たして。
  • ヘッドフォンで大きめの音量で再度鑑賞したらやはり楽しく、グーギー・レネ「スモーキ・ジョーズ・ラ・ラ」、カーラ・トーマス「B-A-B-Y」、 ザ・コモドアーズ「イージー」など、ジックリと聴きたいものも出てきたので、サウンドトラックが欲しい。